読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀亭Cafe&Barのお昼の銀亭セット

渋谷の喧騒が嘘のよう。まるでお家気分。

センター街からちょっと入ったところにある銀亭Cafe&Barには、静かでゆったりとした時間が流れています。

買い物のついでにランチで立ち寄りました。

 

お昼の銀亭セット(税込1,080円)

f:id:shibuhikky:20170522091815j:plain

八穀米、焼魚、煮物、おしんこのお膳に豚汁とほうじ茶が付きます。

席につくと、お店の人が丁寧に布のランチョンマットを敷いてくれて、何だか親戚の家にご飯を食べに行った気分になりました。

夜はバーになるとあって店内の照明は暗め。

ちょっと写真が撮りづらかった(笑)。

 

八穀米おこわ

f:id:shibuhikky:20170522091843j:plain

とってもふんわりしたおこわです。ほんのり温かくて美味しかったです。

お店の人に言えばお代わりできます。

 

焼魚、煮卵、小松菜のお浸し

f:id:shibuhikky:20170522091856j:plain

焼魚は鮭の西京焼きでした。

煮卵、お浸しも手作り感のあるホッとする味です。

 

野菜の煮物

f:id:shibuhikky:20170522091905j:plain

ブロッコリー、ごぼう、人参、じゃがいも、ちくわ、高野豆腐。

どれも薄すぎず濃すぎず、上品なお味の煮物です。

 

おしんこ

f:id:shibuhikky:20170522091912j:plain

大根、人参、ウリのぬか漬け。

お店の方の自家製でしょうか。懐かしい母の味、という感じ。

 

豚汁

f:id:shibuhikky:20170522091935j:plain

大根とか豚肉がゴロゴロ入ってとにかく具沢山。

本当に美味しかった!

 

そして食後にデザート。

f:id:shibuhikky:20170522091945j:plain

お盆にのってあんみつが登場です。

お茶も食事の時はほうじ茶だったのが、デザートの時には煎茶に入れ替えてくれました。お茶もわざわざ一杯ずつ急須でお店の方が入れてくれます。こうした気遣いもまた嬉しいです。

 

黒蜜をかけていただきます。

f:id:shibuhikky:20170522092008j:plain

普通の寒天に混じって抹茶寒天も入っています。

そして赤エンドウに白玉にあんこ、チェリーも入って、量は少ないながらも大満足!

 

銀亭はセンター街をちょっと右に入った、イタリアントマトの入っているビルの地下1階にあります。

地味な入り口なのでうっかりすると見逃してしまいそうです。

f:id:shibuhikky:20170522092021j:plain

こちらはもともとは銀亭という老舗の料亭だったそうです。

平成17年に料亭は一旦閉店したものの、地下の厨房を改装して昼は甘味処、夜はバーとして再開しているようです。

ランチ以外にも甘味処としての利用も可能。

あんみつや豆かん、おしるこなどもありますよ。

 

階段を降りると入り口はこんな感じ。

f:id:shibuhikky:20170522092128j:plain

その奥にすすむと、渋谷にいることを忘れてしまいそうな静かな空間があります。

ちょっと早めのお昼時に行きましたが、お客さんはちょっとご年配の3人が一組だけ。

そして、お店の女性の方の接客が本当に丁寧で癒されます。

親戚のおばちゃんの家に来ている気分になりました。

ほっこりしたい時におススメ。

かなり穴場のお店です。

 

 

【銀亭Cafe&Bar】

住所:東京都渋谷区宇田川町24-8 銀亭ビル B1F
電話:03-3477-2655
営業時間:11:30~18:00(カフェタイム)、18:00~24:00(バータイム)
定休日:月曜日(カフェタイム)、日曜日と祝日(バータイム)

 

純米大吟醸の会!「渋谷らくご」に行ってきた

食べ物のネタではないのですが…

昨日は会社帰りに渋谷のユーロスペースで落語を聴いてきました。f:id:shibuhikky:20170516004837j:plain

円山町にあるユーロスペースでは毎月第2金曜日から5日間、

渋谷らくご」という定期落語会が行われています。

f:id:shibuhikky:20170516005330j:plain

聴きに行ったのは「極上古典」がテーマの純米大吟醸の会!

立川寸志、三遊亭遊雀、立川左談次、古今亭文菊という四人の噺家さんのおしゃべりを堪能してまいりました。

私は落語はまだまだビギナーなんですが、気軽に楽しめました。

f:id:shibuhikky:20170516005840j:plain左談次師匠は、なんと入院の前日だとか。

でも、それを笑いにしてしまうのもすごいところです。

トリの文菊さんの「死神」は物凄く迫力があって引き込まれましたよ。

 

渋谷らくごは「初心者が、いつ来ても楽しめる落語会」をコンセプトにしています。

この日は幅広い年齢層の人で座席の8~9割は埋まっていました。

会社帰りや時間のあるときにフラッと行ってみるのもオツなものかもしれません。

 

5月の公演は今日までですが、当日券もあるのでまだ間に合いますよ。

ちなみに、6月の公演は、6月9日(金)~6月13日(火)です。

 

ユーロスペース

住所:渋谷区円山町1-5 KINOHAUS

電話:03-3461-0211

 

渋谷らくご
当日券=大人2,500円/学生1,900円/高校生・落研1,200円/会員2,200円
前売券=大人2,300円/学生1,700円/高校生・落研1,000円/会員2,000円
5枚回数券(6か月間有効/窓口でのみ販売)大人10,000円/学生7,500円/会員9,000円

「ふたりらくご」
当日券=大人1,200円/学生900円/高校生・落研600円/会員1,100円
前売券=大人1,000円/学生700円/高校生・落研400円/会員900円

◇会員=ユーロスペースおよびシネマヴェーラ会員
◇当日券は開演1時間前より販売
◇全自由席(178席)◇券面記載の整理番号順に入場

◆電話による前売り予約 (平日10:00~18:00)

 0120-240-540(カンフェティチケットセンター

 

 

 

COFFEE HOUSE NISHIYAのモカッチーノ

行ったのはちょっと前なんですが、アップするタイミングを逸していました…。

今更ですが、紹介させてください。

 

以前から気になっていた、コーヒーハウス ニシヤに行きました。

 

モカッチーノ(650円)

f:id:shibuhikky:20170430232946j:plain

調べてみると、モカチーノとはエスプレッソにチョコレートソースを入れ、泡立てたミルクをのせたものだそうです。

ホイップものっていて、スイーツ感覚で飲める感じです。

メニューにはカフェモカも別にありました。

どうもカフェモカはコーヒーにチョコやココアを混ぜたものらしいですね。

 

渋谷からは徒歩8分くらい。金王八幡神宮の近くにあります。

f:id:shibuhikky:20170430233005j:plain

こちらの店主でありバリスタの西谷さんはコンテストでも準優勝したりと、バリスタ界ではかなり有名な方だそうで。

行った時は空いていましたが、休日などは混雑しているようです。

 

コーヒーを中心にドリンクだけでも色々な種類があってどれも気になります。

f:id:shibuhikky:20170430233030j:plain

クロックムッシュとかも美味しそうなので、今度食べてみたいです。

 

本当はプリンが有名なんですが、今回は紹介できずにすみません。

また今度ご紹介したいと思います。

 

【COFFEE HOUSE NISHIYA】

住所:東京都渋谷区東1-4-1 尚豊ビル 1F
電話番号:03-3409-1909
営業時間:10:00~20:30
定休日:火曜日

 

 

京菓子 岬屋の羊羹粽

5月の節句の頃になると楽しみにしているものがある。

岬屋の粽。

f:id:shibuhikky:20170508003040j:plain

 

岬屋は駒場東大キャンパスの裏手、閑静な住宅街に佇む創業昭和8年の老舗の和菓子屋さんです。

朝、電話で予約をして、お昼過ぎに取りに行きました。

f:id:shibuhikky:20170508005043j:plain小さなお店ですが、お茶席のお菓子としても有名な知る人ぞ知る名店です。

駒場東大前、代々木上原、代々木公園のちょうど中間地点にあり、どの駅からも10分ちょいかかるので、行くのがちょっと大変です。

そんな不便なところにありますが、この日も絶えることなくお客さんが来ていました。

 

羊羹粽(税別1,800円)

f:id:shibuhikky:20170508003745j:plain包み紙を開けると笹の葉のいい香りがします。

岬屋ではこの時期、吉野葛と上白糖のみで作った白い「水仙粽」と、こし餡を練りこんだ「羊羹粽」があります。

とっても迷うところでありましたが、今回は羊羹粽を買うことに。

5本で1,800円と安くはありませんが、食べてみれば納得。その価値はあります。

 

笹の葉をめくっていくと、ぷるんとした粽がお目見えです。

f:id:shibuhikky:20170508005548j:plain原材料はこしあん(小豆、上白糖)、吉野葛、上白糖のみ。

甘さも控えめで、するっといただけます。

もっちりしつつ、ぷるんと柔らかで、口当たりが最高です。

 

お店に行ったら、柏餅もまだあるとのことだったので、そちらも購入。

 

柏餅(外税 各250円)

f:id:shibuhikky:20170508004406j:plainこし餡(左)と、みそ餡(右)があります。

昔ながらの経木で包んでくれるのもいい感じです。

イマイチ上手く撮れなかったので、断面の写真が無くてすみません。。。

こし餡はやはり甘さ控えめ。みそ餡は白餡に白味噌が混ぜてあると思うのですが、ちょっと塩気もあって美味しいです。

 

岬屋は、夏の水羊羹と秋の栗蒸し羊羹でとっても有名なお店でもあります。

栗蒸し羊羹はまだ食べたこと無いのですが、水羊羹もすごく美味しいので、また今度ご紹介できれば。

水羊羹は5月23日くらいから作るとお店の人がおっしゃっていました。

 

羊羹や粽など人気のものは事前に電話で予約をした方がいいですよ。

ちょっと不便なところにあるこちらのお店ですが、新宿や日本橋高島屋や渋谷の東急百貨店でも曜日限定で取り扱っているみたいです。

 

 

京菓子 岬屋】

住所:東京都渋谷区富ケ谷2-17-7
電話:03-3467-8468
営業時間:9:00~19:00
定休日:日曜日、月曜日、祝祭日(節句・彼岸を除く)

 

 

 

 

 

セブンイレブンのわんちゃんチョコケーキとパンダのミルク&チョコケーキ

ちょっとアップが遅れてしまったのですが、

セブンイレブンで見つけて、また買ってしまいました…。

f:id:shibuhikky:20170507235029j:plain

 

わんちゃんチョコケーキ(税込328円)

f:id:shibuhikky:20170507235059j:plain

今回も心を鬼にしてフォークを入刀です。

f:id:shibuhikky:20170507235309j:plain

一番外はコーティングチョコ。

その中にチョコムースとチョコクッキーが入っています。

一番下にはスポンジが。くわえている骨はホワイトチョコです。

 

パンダのミルク&チョコケーキ(税込328円)

f:id:shibuhikky:20170507235600j:plain

断面はこんな感じ。

だんだんとフォークを入れるのも躊躇しなくなってきました(笑)。

f:id:shibuhikky:20170507235704j:plain

ミルクムースの中にチョコムースとチョコクッキーが入っています。

やはり一番下にはスポンジ。目はチョコです。

 

今回もごちそうさまでした。

 

 

shibuhikky.hatenablog.com

 

 

 

 

 

タイ料理研究所のタレー・パッポン・カリー

GWが始まりましたね。

渋谷駅周辺はいつもの週末以上に人が多かった…。

人の多い渋谷の中でも比較的落ち着いているのが桜丘のエリア。

そんな桜丘にあるタイ料理研究所でランチをしました。

 

タレー・パッポン・カリー/具沢山海鮮の卵とじカレー炒め(税込1,280円)

f:id:shibuhikky:20170429215622j:plain

以前、夜に来た時に食べたソフトシェルクラブのカレー炒めが美味しかったので、こちらを注文してみました。

ランチには生春巻きとスープがついてきます。

 

スープはトムヤムクンスープ。

f:id:shibuhikky:20170429215703j:plain

かなり辛くて本格的な味です。美味しいです。

 

生春巻き。

f:id:shibuhikky:20170429220023j:plain

これはフツー。

 

カレー炒めはふわふわの卵が入っていることもあり、マイルドな辛さです。

f:id:shibuhikky:20170429220101j:plain

 大きな海老やイカがたっぷり入っていています。

f:id:shibuhikky:20170429220329j:plain

海老はプリプリ、イカは柔らかで、めちゃめちゃ美味しいです!

 

”研究所”とありますが、普通のレストランです(笑)。

f:id:shibuhikky:20170429220404j:plain

渋谷駅から代官山方面に向かう桜並木の坂を上がった所にあります。

f:id:shibuhikky:20170429220507j:plain

店内が狭くて落ち着かないのが難点ですが、料理のクオリティは確かです。

お店の人はみんなタイの方なのか、厨房ではタイ語が飛び交っていました。

人気のお店なので、夜は予約した方が無難ですよ。

 

 

【タイ料理研究所】

住所:東京都渋谷区桜丘町24-8 新南平台マンション102号室
電話:03-6455-3229
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休

 

 

 

ジャパニーズアイス櫻花のお団子アイス

櫻花というアイス屋さんでお団子アイスを食べました。

 

草あん団子(税込400円)

f:id:shibuhikky:20170425224845j:plain

週末に恵比寿で映画を観た後に立ち寄りました。

基本的に和の素材を使った櫻花のアイスはさっぱりしていてとても美味。

いつもは好きなアイス3種類をカップに盛り合せてもらうのですが、よもぎ団子が気になって、こちらを注文してみました。

 

いつも行列が絶えない人気のアイス屋さんです。

これまた人気のコーヒ屋さん、猿田彦珈琲の隣にあります。

f:id:shibuhikky:20170425224946j:plain

店内は狭いですが、回転も早いのでそれ程待たなくても座れます。

 

パフェやフロートも気になります。

f:id:shibuhikky:20170425232558j:plain

 

上にのせるアイスはショーケースから好きなものを選ぶことができます。

今回は桜小豆を選びました。

f:id:shibuhikky:20170425233945j:plain

お団子は注文してから焼いてくれるのでホカホカモチモチです。

アイスがだいぶ溶けてきてますが、そのクリーミーなアイスと甘いあんことよもぎ団子を一緒に食べるとなんとも幸せな気分になれました。

 

お団子は1串に4コついていて、お腹も満腹です。

ごちそうさまでした。

 

【ジャパニーズアイス 櫻花】

住所:東京都渋谷区恵比寿1-6-6
電話:03-5449-0037
営業時間:3月~10月/11:00~23:30(L.O.23:00)
     11月~2月/12:00~23:00(L.O.22:45)
定休日:無休